FC2ブログ
田舎の風習
20090814111722
本日、母の実家にご近所さんからこんなものが届きました。

“番帳”といって、毎日持ち回りでこれを担いで、各家庭が神社にお参りするんだそうです。
竹筒は賽銭箱で、お参りできない人が(たまに、ちゃんとお参りしてる人でも)ここにお賽銭を入れて次の家に回します。
そして年に一度、この竹を割って中身を奉納する、という仕組みのようです。

明治時代から続く習わしだと、祖父が教えてくれました。
スポンサーサイト



【2009/08/14 11:17】 | ちょっとした出来事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |