消える技術


画像は2010年のJAFモータースポーツ表彰式で着用した、総プリーツのワンピースです。
当時かなり奮発して素材は何とシルク100%!
ですが、素材が素材だったので着用して動き回ったりクリーニングに出すとプリーツ加工が取れ易く、メーカー直送で再加工をお願いしてました。
私が最後に着て数年が経ったある日、友達の結婚式に行く従妹にこの衣装を貸すコトになりました。
再び加工をお願いに、従妹がメーカーさんへ持って行ったトコロ・・・
『プリーツ加工してくれる加工屋さんがもう無くて、出来ません』と、断られました。

今日の『クローズアップ現代』は、最近高止まりを見せる『黒字中小企業の廃業』がテーマ。
こんな感じで、加工屋さんも廃業されたのかなぁ?
シルクの総プリーツワンピース、もう国内で作れないのかなぁ?
昔は作れたのに今になったら作れないなんて・・・製品の幅が狭まって何とも淋しいです。

・・・技術持ってる人が廃業してしまって『もう作れないモノ』、他にもあるかも?
そんな思いを馳せた、週半ばの夜でした。


ちなみにこのワンピースは、従妹のクローゼットにて冬眠中。
眠りから覚める日は果たして来るのでしょうか?
スポンサーサイト
【2016/02/17 20:26】 | ちょっとした出来事 | コメント(0) | page top↑
<<動作チェック | ホーム | グラスの中の桜>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |