モントレー、こぼれ話


モントレーのシェイクダウン前の出来事。
ヴィッツ2号車のオルタネーターのベルトに傷(穴?)がついているのが見つかりました。
前戦までのダートイベントで、石が入って挟まっていたようです。

幸い、品番が読み取れたので、サービスメカニックに来ていただくネッツ群馬さんにお願いしてベルトを調達。
おかげで、翌日のラリーの出走に間に合いました。有難うございます。

なお、サービスカーに入っていた中古のベルトも、同じような傷が入っており・・・
新品スペアを常備しておいた方が良いのかもしれません。
スポンサーサイト
【2016/09/01 20:33】 | 全日本ラリー | コメント(1) | page top↑
<<ラリーの後片付け | ホーム | キャベツウィーク>>
コメント
こんばんは
それ、サーペンタインのベルトの宿命ですよね。

オヤジの仕事車(大型バス)でもよくあります。

何かの拍子に迷い混んだ小石を噛み込むんでしょうね。
ベルトのテンションも硬度も高いだけに貫通しちゃうんだと思います。

避けられない事だけに、スペアの用意しか対策のしようがない。
ベルトにテンションをかけるSSTも壊れやすいので予備が必要かと思われます。
【2016/09/02 23:00】 URL | オヤジ@兵庫 #cwHBdaMk[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |